全身脱毛方法

どの全身脱毛方法が一番良いのか?

どの全身脱毛方法が一番良いのか?

様々な種類がある脱毛方法

 

エステ脱毛

 

近年ではエステやクリニックでの脱毛が身近になってきたのと同時に、脱毛方法も多様化しているので、どの方法を選ぶのかが非常に重要となります。

 

方法選びを間違えると、自分にとって満足の結果が得られない可能性もあるので、十分に検討することが大切ですが、どの方法が良いのかは、脱毛をしたい部位や目的によって人それぞれ異なります。

 

現在行われている脱毛の方法としては、フラッシュとレーザーをはじめ、ニードル、ワックスが主なものとして挙げられますが、それぞれ特徴の違いがあるので、ニーズに応じて選びましょう。

 

何を重視するのかを明確にして選ぶ

 

脱毛方法の選択においては、現在ではフラッシュかレーザーの何れかを選ぶ人が多くなっていますが、一般的には効果を重視する場合はレーザー、費用の安さを重視する場合はフラッシュというのが選択の基準となっています。

 

フラッシュ脱毛をしてくれるサロンとレーザー脱毛の医療クリニックはこちらに記載されています。(参考:全身脱毛口コミ料金値段比較 安い評判が良いお勧め脱毛サロン調査)

 

この両者は痛みの少なさや効果、費用のバランスに優れた方法である為、迷ったらこのどちらかを選ぶのも良いですが、より繊細なデザイン性を重視した脱毛がしたい場合は、一本ずつ処理していくニードル脱毛もおすすめです。

 

また、ワックスはレーザーやフラッシュ、ニードルと異なり基本的に一時的な処理となりますが、その分大胆なチャレンジもできるので、Vライン処理などに最適といえます。

 

 

脱毛の豆知識

自宅脱毛は安くていいけど自分で脱毛するには

 

脱毛クリーム、除毛クリーム、カミソリ、毛抜き、ワックスなどが一般的です。一回使用すると完了して直ぐすべすべになりますが、一週間ほどですぐムダ毛が気になります。カミソリは肌表面だけなので特に気になるのが早く、カミソリ負けで色素沈着などの肌トラブルがあります。

 

除毛クリームなどのクリーム類は、カミソリより少し長持ちしますが、大きな差はありません。これらのクリーム類は毛穴に少しでも残っていると、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

 

肌への影響や何回も購入する

 

金額を考えると、専門機関の方が、断然お得です。リーズナブルにすべすべになりたい全身と部分の脱毛メニューがあってどちらがお得か豆知識によると、絶対全身脱毛です。

 

なんとなく部分の方がお得な感じがしますが、脇を処置して大満足で次は腕、足と行っていくと思いの外金額がかかってしまいます。最初のカウンセリングで気になる部分の合計と全身を比較してアドバイスを受けてみましょう。

 

最近は、全身でも回数無制限のプランを用意しているサロンも増えています。いきなり全身を不安に思う方はキャンペーンやお試しなどを利用して一度体験してみましょう。また現在は、月払いの分割できるサロンも増えてきています。

 

 

脚の脱毛をしたい場合

脚の脱毛の範囲や部位

 

脚という言葉は、つま先かた付け根までを指しますが、脱毛の場合はいくつかのパーツに分けられています。足の指、足の甲、ヒザ下、ヒザ、ヒザ上と5つのパーツに分けられていて、それぞれが違う部位として認識されています。

 

5つの部位をまとめたセットプランも用意されていて、単独で行うより安く設定されています。そのため、自分がどこまで脱毛したいかを、あらかじめ決めておく必要があります。施術に含まれる範囲の確認も忘れてはいけません。ホームページなどにイラストで部位の説明があるので、見ておくと参考になります。

 

脱毛するときの注意点

 

脚というのは、スカートなどで人目に触れる部位です。そのため、日頃からムダ毛の自己処理をしている人が多いです。しかし、自己処理の方法を間違ってしまうと、当日施術が受けられなくなってしまうので注意が必要です。

 

自己処理にはカミソリやシェーバーを使いましょう。毛根から引き抜く、毛抜きやワックスでは毛の生え変わりが乱れてしまい、施術の効果を得られなくなってしまいます。

 

また、脱毛機は黒い色に反応するように作られているので、日焼けをしてしまうと毛と肌の区別がつかなくなって施術ができなくなります。

 

 

顔の脱毛をしたい場合

まずは電話で問い合わせを

 

美容クリニックの場合、施術前にカウンセリングというのを行います。これは脱毛する本人が施術を受けられるかどうかというのが、個人によって違ってきてしまうからです。

 

例えば薬を常用している人には施術は行えませんし、レーザーを当てる際にひどく荒れてしまうというような肌質の人にとっては施術が受けられるのかというような不安もあります。

 

しかし、クリニックのカウンセリングではそういった疑問や不安について担当の方が一緒に考えてくれるので、安心して受けることができるでしょう。もし不安があるようでしたら、一度電話で問い合わせしてみることをおすすめします。

 

顔脱毛を受ける際の注意点

 

これは顔の脱毛だけに限った注意点ではないのですが、あらかじめシェーバーなんかでムダ毛処理をしておくことをおすすめします。

 

顔回りだと毛抜きを使ってしまう人もいるかと思うのですが、それは肌にダメージを与えることになってしまうので絶対に避けてください。それから重い病気を患っているときや、妊娠中には健康上の理由により施術できません。

 

それから脱毛後の注意点なのですが、日焼けをしてしまうと効果が半減してしまうため対策はきちんとするようにしてください。脱毛するには自分自身の健康と肌の状態が良くないと駄目なのです。

 

処理を怠ってしまいがちな部位でありながら、意外と目立ってしまうのが指のムダ毛です。指というのは様々な場面で人目に触れる上、印象を大きく左右してしまうポイントでもある為、清潔感を保つ為にも処理を忘れないことが大切となります。

 

そんな指のムダ毛処理法として最適なのが、エステサロンで受けられるフラッシュ脱毛です。この脱毛方式は、少ない痛みで優れた効果が得られる点が特徴で、一度処理が完了すれば綺麗な状態を長く保てるので、処理を忘れがちな指に最適です。近年では料金も安くなっているので、気軽に検討してみましょう。

 

現在では、多くのエステサロンで指のフラッシュ脱毛が受けられますが、お店選びをしっかりと行うことで、更に満足の結果を得ることができます。指だけの部分脱毛を契約して通うのも良いですが、腕や脇など他の部分の脱毛をまだ済ませていないという場合には、全身コースを選ぶのもおすすめです。

 

効果の現れ方に個人差が大きいフラッシュ脱毛ですが、近年では回数や期間を気にせずに通うことができる、無制限プランがあるお店も増えています。お得に通えるエステサロンを選んで、厄介な指のムダ毛とサヨナラしましょう。

続きを読む≫ 2016/09/04 11:23:04

ムダ毛を気にし始める年齢は下がってきており、小学生でもムダ毛に対する悩みを持っているという事は少なくありません。そして、少しでも早く脱毛を始めたいと考える人も増えてきています。

 

脱毛の施術を始める事が出来る年齢は、サロンによって異なりますが、生理が始まり女性ホルモンの分泌が落ち着いてから、中学校を卒業してから等、15歳前後から施術可能となるサロンが多くなってきています。10代等、学生の間に施術を始める事で、割引が適用されるサロンもあり、学生の間から脱毛を始める人も増えてきています。

 

10代の間から、サロンに通いたいと考えた場合、親権者の同意が必要になってきます。親権者に記入して貰った同意書をカウンセリングの当日に持っていけば良いだけのサロンもあれば、親権者と一緒にカウンセリングが条件になっているサロンもあります。

 

ですから、未成年の間に施術を始めたいと考える場合は、カウンセリング当日に同意書のみで良いか、親権者の同伴が必要か等もしっかりと確認しておく事が大切です。

 

同意書のみの場合、親権者以外に代筆を頼めば良いと考える人も少なくありませんが、電話確認がある事が多く、本人に書いて貰う必要があります。

続きを読む≫ 2016/07/25 05:21:25

医療機関やエステサロンで脱毛施術を受ける人が増えています。ムダ毛の処理の手間が省け、毛のない肌を手に入れられることがメリットですが、施術後に体臭がきつくなったような感じを経験する人も多いです。

 

結論からいえば、そのような事実はありません。どちらかというと、臭いの原因をつくる雑菌は毛穴や毛根部分に繁殖するので、施術によって毛根がなくなっていれば雑菌も減少して臭いは軽減すると考えられるからです。もし、施術後に臭いが強くなったと感じる場合は、毛穴に皮脂などの垢が詰まってそれが酸化した臭いです。

 

また、脱毛することで前よりも汗をかく量が多くなったと感じる人も多いです。これは汗の量が増えたというより、毛による抵抗がなくなったことで、汗が流れやすくなってしまっていることが理由です。

 

この汗が雑菌と混ざって臭いを発し、この汗臭さになります。実は、体臭がきつくなったと感じる理由は、この流れる汗が多くなったことなのです。特に、脇の脱毛施術をした人が感じやすいです。

 

脱毛後多汗症という症状もあるほどですが、一時的なものだといわれています。汗が出ることを気にしすぎることで、余計に汗が発汗されることもあります。

続きを読む≫ 2016/07/01 18:29:01

フラッシュやレーザーによる脱毛後、赤い斑点が肌にあらわれることがあります。強い光を照射することによって出来るもので、個人差があり、症状が出る人とそうでない人がいます。

 

ぶつぶつの理由は、毛穴にダメージを与えた場所に菌が入り込み炎症を起こすためです。肌に対して大きな負荷をかけることになり、通常よりも雑菌が入りやすくなるため、炎症が起きやすくなっています。

 

また、黒いぶつぶつが出来ている場合は、毛穴に毛が残っている状態になっている可能性が高いです。肌の代謝とともに無くなるので、あまり気にする必要はないでしょう。

 

ぶつぶつの予防方法としては、脱毛後雑菌が入らないように、気をつけることです。炎症は通常であれば数日でおさまりますが、症状がひどくなると化膿することもあるので注意する必要があります。

 

具体的には、脱毛後の日焼けや運動、熱い風呂に入るなどの行為を避けたほうがいいでしょう。肌に負担をかけたり、菌が繁殖しやすい環境を招くと、症状が起きやすくなってしまいます。

 

肌のケアという面でも、保湿をきちんと行い肌への負担を抑える生活が大切です。数日様子を見てもまったく治る様子がない場合は、早めに医者に相談してみるといいでしょう。

続きを読む≫ 2016/06/01 15:49:01

脱毛の相場は下がってきています。部分的な施術の場合い、脇や膝、手の甲と指等、面積が小さな部位の場合は5万円前後、肘上や肘下、膝上や膝下等、面積が広い部位の場合は10万円前後で施術を考えられるようになっています。

 

ただ、脚や腕等、部分的に施術を行うと、隣接した部位のムダ毛が目立ちやすくなる部位の場合、腕全体や脚全体等、全体的に施術を行っていく事がお勧めです。

 

その場合、腕全体や脚全体で、大体20万円前後を考えておく必要があります。ワキ等、キャンペーンがある部位は、キャンペーンを利用する事で、お得に施術を受ける事が出来ます。

 

これから施術を受けたいと考えるのであれば、全身脱毛を考えておく事がお勧めです。全身に対する施術といえば、とても高いというイメージを持つ人もいるでしょう。

 

ですが、現在は30万円前後から施術を考える事が可能となっています。腕全体や脚全体で20万円前後必要になる事を考えると、最初から全身を選んで施術を受けていく方がお得になります。更に、最初に全身脱毛を選んでおくと、今後、全身すべてのムダ毛に悩まされる事がなくなります。ですから、これから施術を受けたいと考えるのであれば、全身脱毛を考えておく事がお勧めです。

続きを読む≫ 2016/04/25 10:16:25

光脱毛の仕組みをカウンセリングでも説明を受けるように、毛の根元への照射で効果を出す方法です。黒い色をしているメラニンを狙って、そこに熱を加えるシステムで結果が出ます。

 

黒い色というのが鍵になっていて、黒に反応する特異性からしてもわかるように、肌の日焼けの黒色も反応します。つまりサロンへ通っている間は、何があっても肌を紫外線で焼いてはいけないことになります。

 

露出をする肌の部分には、夏ではなくてもUVカットのクリームを塗るようにしましょう。日差しが強くなる夏などは、日傘や帽子も使うといいです。

 

光脱毛は光を照射して、自然に毛が抜けていくことになります。黒い毛根があってこそ、光は反応して効果を発揮することになります。サロンへ行く前には、お手入れパーツの自己処理が必要です。その時に気をつけるのは、毛抜きで抜いてしまったり、ワックスで毛を抜かないようにすることです。

 

カミソリで剃るとか、電気シェーバーでのシェービングをしましょう。ムダ毛の根っこは残した処理をすることが、サロンへ通っている間には必須になります。ムダ毛が長い時は、ハサミでカットして、短くしてからシェービングをしましょう。

続きを読む≫ 2016/04/05 10:29:05
小さい内からムダ毛は生える

 

小さな子供の内からムダ毛は生えているものであるために、脱毛する事自体はムダ毛が生えているのであれば何歳であろうとも気になるのであれば処理をする事は出来ます。

 

ただ、小さい内はそれほどムダ毛は目立たない場合が多く、また肌がデリケートで敏感であるという事からもあまり小さい時からの脱毛は避けておいた方が良いです。

 

また、あまり小さいときちんと言われた事を理解する事が出来なかったり、施術中におとなしく出来ない共もいますので、そうした子供はもう少し大きくなるまでは脱毛するのは避けておいた方が良いでしょう。

 

サロンで脱毛するなら15歳ぐらいからが良い

 

サロンで脱毛する場合であっても10歳に満たない子供でも施術してくれるサロンもあります。ただ、一般的には年齢制限を15歳程度からとしている事も多く、ある程度成長が落ち着いてくるという事からも、サロンで処理するならばそのぐらいの年齢から考えた方が良いです。

 

なお、未成年である場合はサロンで契約する際には保護者の同意書が必要となるという点も気をつけなくてはならないです。

 

最近では子供のお小遣い程度の格安料金で行う事が出来るケースもありますが、未成年が自分の判断だけで契約を行った後に問題が起きた場合に対処するために、保護者の同意は必要となっているのです。

続きを読む≫ 2016/01/04 11:55:04
医療機関のみで行なえます

 

医療レーザー脱毛は、医師の免許を持つクリニックや病院などの医療機関でのみ行なえます。

 

サロンなどでは法の定めにより、医療レーザー脱毛は認められおらず、この方法のみを永久脱毛と呼ぶことができ、エステサロンなどでは、永久脱毛を謳うこともできません。

 

医療用レーザーは、もともとほくろやあざなどの治療目的に使用していたものを開発し、特定の色に対して反応するレーザーの性質を利用し、毛根のメラニンに吸収し照射により、発熱させ毛母細胞をやけど状態にし毛乳頭を破壊し、毛の再生を抑制するものです。

 

どのくらいで完了するの?

 

医療用レーザーは、先端が円のため円と円の隙間が照射から漏れてしまい1度の施術では当然完了しません。それに加え、ひとりひとりの毛量などにもよって異なりますが、毛周期にあわせた脱毛を行なう必要があります。

 

そのため、毛周期の成長期にあたる時にあわせて照射することが効率的で効果のある脱毛が実現します。レーザー脱毛の場合には、一般的に5回から6回くらいの照射を1年半から2年半くらいの期間をかけて行ないます。

 

ただし、完了したからといって2度と永久的にムダ毛が生えないというわけではありません。その脱毛の持続性がより優れているということとなります。

続きを読む≫ 2015/12/21 22:50:21
朝の脱毛は危険な行為

 

朝は身だしなみを整えて外出するというときに、ムダ毛処理も一緒にしてしまうと危険です。なぜかというと、カミソリや脱毛クリームなどを使えば、肌が傷ついたり、乾燥したりしてしまうからです。ダメージが加わり肌バリアがなくってしまうと、外で浴びる紫外線や大気中の埃などは、弱った肌にとって強い刺激となってしまいます。

 

肌を美しく見せるためのムダ毛処理が、逆に肌には良くないという事実は、意外と知らない人が多いものです。エステ等で昼前しか予約の時間が取れないという場合には、施術後の保湿といったアフターケアは自分でも十分にやっておくのが最善です。

 

脱毛に最適な時間帯はいつか

 

朝方の脱毛は危険であるのですが、ではいつやれば良いのかということになります。夜寝ている時に、ダメージが加わった肌を修復できる夜が良いのですが、避けておくべき時間帯があります。それは風呂に入った直後のことです。

 

風呂に入れば、体温が上昇しますから、その状態で脱毛器を使ってしまうと、肌が更に熱くなります。下手をすれば火傷に繋がりますから、十分に体温が下がった状態でムダ毛処理をすることです。日中に肌が受けたダメージを修復する時間は午後10時から午前2時までの間ですから、それ以前に処理をして寝れば、肌の負担は軽減できます。

続きを読む≫ 2015/12/13 10:53:13
脱毛は、クリニックやエステサロンなどにより異なります

 

医師の免許を持つクリニックや皮膚科などの医療機関のみで行なえる医療レーザーを使用したものと、エステサロンなどで光の出力を抑えたフラッシュ脱毛器で行なう方法と、毛穴に針金を通し1本1本に電流を流すニードル方法の3つの方法を主に使われます。

 

エステサロンでは、医療レーザーを使用した方法は、法の定めにより使用が禁じられています。ニードル方法は、エステサロンであっても使用するには資格が必要となり、かなりの痛みが伴ううえ、時間がかかり費用も分単位での支払いのためかなりの高額な費用がかかってしまいます。

 

効果的な脱毛を求めるなら

 

エステサロンの光による方法は、回数を重ねることで医療レーザーと同じような効果を得ることはできますが、施術が完了したとはいえ、2度とムダ毛が生えないというわけではありません。

 

その脱毛の持続性の高さによります。効果的で持続性の高い方法としては、少ない回数で完了できるクリニックなどの医療機関での医療レーザーが一番よいといわれています。

 

エステサロンの光による方法は、医療レーザーにくらべ2倍から3倍の回数が必要となり、時間の経過とともにムダ毛が再生される可能性が高いです。効果的な脱毛を考える基準は、それぞれの人の実感によって、目立たなくなる程度でよいとかほとんど無くすのかにより、異なるともいえるでしょう。

続きを読む≫ 2015/12/06 09:46:06

ホーム RSS購読 サイトマップ